淫乱 セックス いやあ…人は見かけによらないとはよく言ったもので、あの優等生のゆうこちゃんがスカイプオナニーとかいうのに誘ってくれたのには驚いた。 といっても俺はゆうこちゃんと付き合っているというわけではない。 同じ生徒会でゆうこちゃんが会長、そして俺が副会長。うちの学校では部活が終わった後に生徒会活動をやっているからいつも学校出るのが8時前になったりするんだ。 中学校の下校が8時前とかいうと結構問題になったりする時間だと思うけど、そこは生徒会活動なので、真面目な活動に文句をいう父兄ももあまりない。 おれは毎日暗くなった通学路をゆうこちゃんと一緒に歩いていた。 そんなある日のこと、いきなりだったんだよ。 ゆうこちゃんが「ねぇねぇ、スカイプオナニーって知ってる?」って言ってきたんだ。 スゲエびっくりしたさ。 「スカイプオナニー?」 「そう、知ってる?」 「知らないよ…」 「あのね、スカイプって知ってるでしょう…。あれをやりながらね、お互いエッチなことを言いやったりとか、自分でオナニーして、感じちゃってるの見せ合って気持ちよくなることなんだよ」 「…ゆうこちゃん、それやってるの?」 「ううん、やってないよまだね(笑)。だからさぁ、そういうのができるっていうことを、たまたま知っちゃって、それ、誰かとしたくなったってわけ」 「それで、俺が誘ってくれたんだ?」 「うん。一緒にやらない?」 「…」 正直俺は驚いた。その時のゆうこちゃんの顔が、エッチなことを話しているというよりは、「一緒に勉強しない?」みたいなそんなノリだったから。 もちろんやってみたよ!家族が全員に寝静まってからね。 結果? 毎日寝不足の日々だよ。 目の下にくまができている(笑)。毎晩最高だよ、ゆうこちゃん! メス豚 性奴隷募集
新着サイト

フリーページ
@ A B

管理者様MENU
説明
登録
変更
削除

今日:1 昨日:0
Total:21

-STAFF ONLY-


一般総合/ 一般総合(一部18禁)/ 音楽/着うた/ 待受/画像/ アプリ/ゲーム/ 読物/まんが/ 日記/プロフ/ 地域別/学校/ 生活/環境/ 芸能/スポーツ/ お金/ギャンブル/ その他/ アダルト/18禁/

☆無料レンタル作成☆
[MEGA-RANK|ebbs.jp]