パトロンとは何かさえ知らなかった私が独立の支援を受けるまでの経緯 仕事の帰り道、サラリーマンぽい男性が若い女性と歩いている姿を見かけました。デート援でもしているのかなと思いました。若いと簡単にお金が手に入るから羨ましいと思いましたが、私も若い時デート援をした事があったので懐かしい気持ちもありました。デート援で一番良くしてくれた坂田さん元気にしているかなとふと気になりメールを送りました。しかし、5年ぶりのメールと言うこともあって返信がありませんでした。ところが数日後、坂田さんから連絡があり後日会うことになりました。 約束の当日、待ち合わせの場所にいたのは若い男性でした。よく見たら坂田さんに似ているなと思いました。「はじめまして、雪さんですか。」「はい、貴方は。」「私は坂田の息子雄一です。父は去年亡くなりました。」衝撃の言葉で驚きました。息子さんの話では。坂田さんは生前の頃から私にもう一度会いたがっていましたが、病のため連絡を送ることも出来なかったと教えてくれました。そして、私達がデート縁の関係だったことは言ってないんだと思いました。 「今回貴方に会って父が会いたい気持ちが分かりました。父の初恋の人の写真を昔見せてくれたのですがその人にそっくりですね。あの、もしよろしければまた会ってくれますか。」「こちらこそ、坂田さんの話をもっと聞かせてください。」こうして私は息子の雄一と頻繁に会うようになりました。父親と同じとても気が合う私達。そのせいか、私達は付き合うようになり、1年後には結婚するようになりました。亡くなった坂田さんも喜んでくれればなと思っています。 困った時に助けてくれる人 パパ活掲示板
新着サイト

フリーページ
@ A B

管理者様MENU
説明
登録
変更
削除

今日:1 昨日:0
Total:28

-STAFF ONLY-


一般総合/ 一般総合(一部18禁)/ 音楽/着うた/ 待受/画像/ アプリ/ゲーム/ 読物/まんが/ 日記/プロフ/ 地域別/学校/ 生活/環境/ 芸能/スポーツ/ お金/ギャンブル/ その他/ アダルト/18禁/

☆無料レンタル作成☆
[MEGA-RANK|ebbs.jp]