JCに見えるくらい幼い女子大生とのセックス3連発 援アカの女の子を拾ってはセックスをする日々を1年以上続けている。 いかにも援デリだろうと思わせる子もいたし、プロフと全く違うガッカリさんもいた。 しかし、それでも僕が懲りずに援アカ交際を続けているのは、一番最初に割り切りをした女の子が鮮烈だったからだ。 彼女は漆黒のロングヘアーに涼やかな目元が印象的なちょっと病弱な感じを抱かせる少女だった。 口数は多くないが、こちらの話に興味深く耳を傾けてくれるし、適当な相槌ではないことは理解ができた。 もちろん、セックスも最高だった。相性がいいというのだろうか、まさにジャストフィットだった。 うなじが感じやすくて、撫でると「ふぅん」と艶っぽい声が自然に出てきた。 ただし、もっとも印象的だったのは、事が終わり金の清算も済んだ後、散歩がてらに夜の公園を歩いている時に僕の腕に体を絡ませてくれたことだった。 割り切りと言うと、本当にお金の関係であり。出会いとは無縁のものだという認識である。 けれども、僕は彼女が好きになっていた。割り切り以上のモノを僕は彼女に感じていたのだ。 だが、彼女とはそれっきりだった。彼女の援アカはそのまま凍結してしまっていた。 あれから1年が経ち、僕は割り切りを続けている。彼女が違う援アカで活動をしていることに期待しているのと同時に、僕は援アカ交際に出会いを求めているのだ。 しかし、現実は理想とは程遠い。僕はずっと割り切りセックスの後に、空しさを感じる日々を送っていた。 そんな時、ある援アカの女の子と会った。 脱色されたショートカットに目元がくっきりしている狸っぽい女の子だった。体もふっくらしていて見るからに活動的だ。 口数も多く、こちらの話もあまり聞いていないようで一方的に喋ってくる。相槌も適当だ。 見目は悪くはないのだけど、これはまたハズレかな・・・と落胆しながら、僕たちはベッドインした。 彼女を抱くと、僕は既視感を覚えた。この体にどこかで触れたことがあるような気がしたのだ。 メイクが落ちた目元は、涼やかに流れている。この目にも見覚えがある。 僕が試しに彼女のうなじをさするように愛撫してみると、「ふぅん」と聞き覚えのある艶ましい声が聞こえてきた。 ノンケ喰い フェラ友
新着サイト

フリーページ
@ A B

管理者様MENU
説明
登録
変更
削除

今日:1 昨日:0
Total:18

-STAFF ONLY-


一般総合/ 一般総合(一部18禁)/ 音楽/着うた/ 待受/画像/ アプリ/ゲーム/ 読物/まんが/ 日記/プロフ/ 地域別/学校/ 生活/環境/ 芸能/スポーツ/ お金/ギャンブル/ その他/ アダルト/18禁/

☆無料レンタル作成☆
[MEGA-RANK|ebbs.jp]