オナニー 指示 出会い系で仲良くなった男性と、しばらくはLINEで連絡を取り合っていたのですが、誘われたこともあり一緒に食事をすることになりました。居酒屋で待ち合わせをし、お酒を飲みながら話していると、その後の予定はどうするか聞かれました。その日は時間も気にすることなく遊ぼうと思っていたので、男性の好きなようにしていいよと伝えました。すぐにホテルに行ってもよかったのですが、まだ飲み足りなかったこともあって別の居酒屋へ移動します。 次に入った居酒屋は小さな個室があるのですが、二人で並んで座らなければなりません。お互いにお酒を飲んでいたこともあって、次第にエッチな雰囲気になります。彼が勃起しちゃったというので、彼の股間に目を向けるとさりげなくセンズリをしています。見られていると興奮する性癖だというので、私はそのままセンズリ鑑賞することに・・・ しばらくお酒を飲みながら彼のセンズリ鑑賞をしていましたが、こちらもムラムラしてきます。彼が上下に手を動かしているので、私は唾で濡らした指先を使って亀頭をいじります。彼は小さくうめき声を出していましたが、興奮しているのか手の動きだけは止めません。すぐに射精しましたが、精子は私の手にかかってしまいました。彼の顔を見ながら精子を少し舐めてあげると、彼のチンチンはすぐに勃起します。よほど溜まっていたのかもしれませんが、またセンズリ鑑賞をするのはもったいなかったので、すぐに居酒屋を出てラブホテルに移動します。 ラブホテルの部屋に入ると私が我慢できなくなってしまい、彼を押し倒してしまいました。もうかなり濡れていたので、愛撫をする必要も無く彼のチンチンを受け入れることができました。センズリ鑑賞がこんなに興奮するとは思いませんでした。 相互オナニー センズリの見せ合い
新着サイト

フリーページ
@ A B

管理者様MENU
説明
登録
変更
削除

今日:1 昨日:1
Total:46

-STAFF ONLY-


一般総合/ 一般総合(一部18禁)/ 音楽/着うた/ 待受/画像/ アプリ/ゲーム/ 読物/まんが/ 日記/プロフ/ 地域別/学校/ 生活/環境/ 芸能/スポーツ/ お金/ギャンブル/ その他/ アダルト/18禁/

☆無料レンタル作成☆
[MEGA-RANK|ebbs.jp]