乳首開発  19歳、女子大に通っている穂菜美です。 男の人と接点を作りたくて、マッチングサイトを利用してみました。 とりわけおじさんコンプレックスというわけじゃないのですが、やりとりで盛り上がったのが38歳の人でした。 Kさんは、メールの感じもとっても落ち着いていたし、優しそうだったから、通話することにしました。 「大人の経験は、何人かあるの?」 「1回だけあります…」 「それは、気持ちよくなれた?」 「それが…なれなくて…」 「穂菜美のせいじゃないね。男が下手だったんだよ」 「そうなんですか?」 「ああ、女の子は男次第だからね」 こんな話を繰り返しているうちに、やっぱり気持ち良さには興味を持ってしまいます。 クリ舐めって言葉を使われた時、本当に心臓がバクバクしました。 関係を持った男の人はやってくれなかったクリ舐め。 Kさんは、得意だって言うのですから。  お茶をしながら、お話をすることになりました。 実際会っても、とっても落ち着いている。 ダンディーな雰囲気で、格好いいなとまで思ってしまいました。 「君次第だよ、関係を作るかどうかは」 「はい」 クリ舐めに激しく興味を持ってしまっていたため、私は首を縦に振ってしまいました。 Kさんの運転する車で、2度目のラブホテルでした。  前の人とは全く違います。 本当に落ち着いていて、ガツガツした態度がゼロ。 ホテルに入っても、まずは交流してくれる。 そして私をバスルームに送り込んでくれました。  初めての人の前に、バスタオル一枚で立つのはとても恥ずかしく感じました。 でも、ギュって抱き締めてもらっちゃって、キスもされちゃって、ぼーっとした気分になる。 バスタオルの上から体を触られたりして、気分は盛り上がりました。 そして、ベッドに寝かされて、クリ舐めを始めてくれました。 信じられないぐらいの気持ち良さ。 男の人の口で、あの部分を舐められるって、こんな大きな快楽が得られるんですね。 凄く恥ずかしい声もいっぱい出てたし、エッチのお汁も溢れていました。 クリ舐めをいっぱいされたせいなのか、挿入されてもとっても気持ちよくなっちゃって、夢見心地でした。 乳首開発 乳首舐め
新着サイト

フリーページ
@ A B

管理者様MENU
説明
登録
変更
削除

今日:2 昨日:0
Total:25

-STAFF ONLY-


一般総合/ 一般総合(一部18禁)/ 音楽/着うた/ 待受/画像/ アプリ/ゲーム/ 読物/まんが/ 日記/プロフ/ 地域別/学校/ 生活/環境/ 芸能/スポーツ/ お金/ギャンブル/ その他/ アダルト/18禁/

☆無料レンタル作成☆
[MEGA-RANK|ebbs.jp]