セフレ募集をするよりもオナ電をする相手を探すのは簡単 僕がツーショットチャットをやっていたのはオフパコ目的だった。純粋にチャット好きな人も多かったが、僕に関して言えばネットでエロそうな女の子と交流を持って、いかにオフに引っ張り出すかがすべてだった。 実際にいい思いもしたが、悪い思いもした。いい思いの方はやっぱりオフパコだ。「どこに住んでるの?」「会いに行くよ」と毎晩のように繰り返して、何人かの女性と関係を持てた。残念ながら想像を超える美人ではなかったが、チャットを繰り返して気心は知れているので、気軽にやらせてくれる女の子は多かった。やらせてくれるなら、それこそ北海道くんだりまで出かけて行ったものだ。今から考えると、よくあんなブスとやるためだけに万単位の交通費を使ったものだ、と若い頃の自分に呆れたりする。 悪い思いの方は、結構な数の人たちと仲たがいをしたことだ。前述の通り、純粋にチャットを楽しんでいる人が多かった。そこでよさげな女の子を見繕って、ツーショットチャットに持ち込んでエロ話ばかりしている僕を疎ましく思っていた人間が多かったことは想像に難くない。実際に僕はいくつかのチャットサイトから出禁になった。そのたびに、チャットサイトを流れて流れて、僕と同じようなオフパコ目的人間が集うエロサイトへと流れついた。しかし、案外とそう言うサイトではオフパコはできないものだ。競争率が高いこともあるが、男はともかく頭からオフパコ目的の女の子なんてそう数はいない。結局、成果は上がらず、僕も次第に飽きてきてツーショットチャットの世界からは離れた。 先日、僕のネットの知り合いが結婚することになった。彼とはチャットの黎明期からよく遊んでいた仲だった。ただ、僕とは違って彼は純粋にチャットを楽しんでいた部類の人間だった。彼が結婚する相手も僕は知っている。チャット内で僕が狙っていた女の子だったが、彼女とはツーショットには持ち込めなかった。彼らはチャットをきっかけに交際を始めて、そして当時のチャット仲間から祝福されてゴールインした。一方の僕は、今やオフパコした女の子の連絡先はおろか、顔も忘れかけている。どちらのチャットへの向かい方が正解だったのだろうか。 テレフォンセックス 露出狂
新着サイト

フリーページ
@ A B

管理者様MENU
説明
登録
変更
削除

今日:1 昨日:0
Total:28

-STAFF ONLY-


一般総合/ 一般総合(一部18禁)/ 音楽/着うた/ 待受/画像/ アプリ/ゲーム/ 読物/まんが/ 日記/プロフ/ 地域別/学校/ 生活/環境/ 芸能/スポーツ/ お金/ギャンブル/ その他/ アダルト/18禁/

☆無料レンタル作成☆
[MEGA-RANK|ebbs.jp]