パトロンの探し方 「ねぇ、もう行かなきゃ。遅れる。」「もう少し楽しもうぜ。」「だめ、パパに嫌われたらもうお金の支援してくれない。分かった。じゃぁ、今日は中に。」「ダメ、中は。」でも、私が阻止しても中に彼の精液が入ってしまいました。私は時間がなかったので急いでシャワーを浴びてパパの所に行きました。 待ち合わせ場所には既にパパの車が停まっていました。「ごめんね。遅れて。」私はパパに軽くキスをしました。「とりあえず今日は私の馴染みの店に行って食事を済ませてから店に行こう。」「はい。」私には夢があります。自分の店を持つ夢。スナックでお客様の、愚痴を聞いたり酒を飲んで楽しんだりするのが夢。そんな夢を持ちながらスナックで働いていた時にパパと出会いました。パパは出会ってからすぐにパトロンになってくれて店の敷金を出してくれるという私には大切なパトロン。今はどこに店を出すかを探しています。 そんなある日、私の体調に変化がありました。生理がこない。妊娠という文字が頭に浮かびました。きっと彼氏の子供。パパとはいつもゴムを付けていたから。あともう少しで店が持てる。ここでパトロンを失いたくない。私は子供を堕ろすことにしました。辛い気持ちもあったけれど、今の私じゃ育てられない。私は子供に謝り、そして二度とこういう事が起こらないよう彼氏とも別れました。今の私にはパパだけ。 「パパ。大好きだよ。」私は優しくパパにキス。「大胆だね。」「今日は。今日は辛い事があったら、だからたくさん抱きしめて。」「分かった。」私はパパの胸で泣いてしまいました。 パパ活アプリ 愛人募集
新着サイト

フリーページ
@ A B

管理者様MENU
説明
登録
変更
削除

今日:1 昨日:0
Total:132

-STAFF ONLY-


一般総合/ 一般総合(一部18禁)/ 音楽/着うた/ 待受/画像/ アプリ/ゲーム/ 読物/まんが/ 日記/プロフ/ 地域別/学校/ 生活/環境/ 芸能/スポーツ/ お金/ギャンブル/ その他/ アダルト/18禁/

☆無料レンタル作成☆
[MEGA-RANK|ebbs.jp]